歯肉のメラニン色素除去

歯ぐきのメラニン色素沈着除去

メラニン色素除去画像メラニン色素除去2

レーザー照射の効果

レーザーを色素沈着した部位に照射し、メラニンを除去することで、
ピンク色の歯茎を回復します。

レーザーによる歯茎のメラニン除去について

一度の治療でひとつの部位に対して、2回程レーザーを照射します。
1週間~10日程度間隔を開け、再度レーザーを照射します。

通常、数回で効果があらわれますが、もともとのメラニンの沈着具合によって、
回数には個人差が生じます。

レーザー照射後の注意ですが、2日程度、刺激物の摂取はお控え下さい。
ブラッシングは、歯茎にあたらないように注意して頂ければ、当日から行うことができます。

メラニン除去のレーザー照射の際には、軽く輪ゴムで弾く程度のお痛みを感じる
場合があります。
お痛みがある場合には、麻酔を行いますので、ご遠慮なく、歯科医師にご相談下さい。